yumicoro's room

大好きな粉と戯れながらパンやお菓子を作っているワタシの日々の記録

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
数日前のある日、息子を連れてスーパーに買い物に行ったワタシ。
比較的近くにあるスーパーで子供にとっても楽しめることもあり週に何度か利用している。

いつものように店内を回りいつものように買い物をしていた中、精肉コーナーの挽肉売り場に目を向けると
ものすごく見覚えのあるものが何故か目に映った。


naisyo.jpg


あまりにも驚いたためしばらく状況を認識できなかったのだが程なく状況を理解し、
とてつもない不快感がふつふつと湧いてきた。

そこにあったのは何度見てもワタシがクックパッドにアップしているCpicon 秘密の豆腐ハンバーグ のレシピ。
レシピの紹介文、写真、材料、分量、そして工程の説明まで全く持ってワタシのレシピそのままがそこにあった。

ただ違う箇所が一点。
レシピ名が「秘密」→「内緒」に変更されていたことだけ。


猛烈な不快感に襲われ、あまりの怒りに店内で思わずFacebookに愚痴を込めた記事をアップしてしまった。
少し冷静になりワタシの感覚がおかしいかと思ったがコメントをしてくれた方が皆そろって
ワタシと同じ意見だったこともあり、スーパーのHPから問い合わせと言う形で
レシピの不正使用について連絡をした。

翌日の朝、即座に先方から連絡があり非を認めて謝罪の上レシピを店内から撤去して頂いたため、
ワタシもこれ以上言うことはないということでこの件は終了することとなった。


クックパッドと言うネット上の媒体を通して不特定多数に閲覧可能な状況でレシピを公開しているため
使われること自体には多少仕方ないかなと言うことは覚悟している。

今回不快感を感じたのはレシピ名だけ変えて、既存のレシピを新たなレシピとして紹介したところにある。
ワタシにとってはこれは「パクリ」としか感じなかったのだ。

不特定多数に閲覧可能なレシピとしてネット上にアップしているためある程度レシピが使用されるのは
わかっていることだし嬉しいことだと感じることも多い。


しかしながら「パクリ」を許諾できるほど私はレシピの著作権まで放棄したつもりはない。

今回のことはたまたまワタシの目に止まる形で発覚したことであるが、
きっと氷山の一角に過ぎないのだろう。
今回は企業として行っていたことであったことだが、個人レベルでは更に横行しているだろうと予測できる。

ワタシに限らず多くの皆さんのレシピにはたくさんの思い入れがあることだろうと思う。
どんな形であれ、その大切なレシピを盗用すると言うことがどういうことか、知って頂きたいと切に思った。







上記のことはクックパッドの日記にアップしたものをこちらにもアップしたもの。
大手レシピサイトであるため向こうに書いた日記にはここまでに留めて置いたが、
そちらには書かなかったことをこちらに追記したいと思います。


先方本社に連絡した後、担当者から連絡があったのだが謝罪と共に先方の言い訳とも取れる言い分があった。
その方が言うには、会社としてクックパッドと提携してレシピを使用したいと思い、
クックパッドにその旨を連絡したのだが全く返信が帰ってこないとのこと。
業を煮やし、先走ってレシピを不正使用という形で使用してしまったとのこと。

ワタシが見つけたその店舗のみで紹介されていたのではなく、全店舗で販売促進の一環として
使用していた様であった。
つまり、店舗の一個人が起こしたことではなく企業として行っていた行為であったと言うのが事の真相。

帰宅した主人にこの旨を話すとクックパッド云々は後付けの理由じゃないかと疑っていたのだが
ワタシとしては確認する術はない。
後付けにせよ先付けにせよどちらにしてもレシピを盗用されたのは事実であるし、
責任の擦り付け合いをしても意味のないことでしか過ぎない。

どういったことであれ、レシピの盗用が個人レベルだけではなく企業レベルでも起こり得ることに非常に驚いた。
ネットと言う媒体にアップしているとは言えモラルと言うものをもっと考えて頂きたいものである。


今回は即座に謝罪と撤去をして頂いたのでこれ以上は言うつもりはないが、
謝りつつも言い訳を繰り返した販促物担当者の方に失望した面も否めないと感じた出来事でした。








にほんブログ村 料理ブログ パン作りへ
にほんブログ村


スポンサーサイト

コメント

こんにちは、はじめまして。
大変な目にあわれたのですね…さぞ驚き呆れ、事後の対応も含めてご不快だったことでしょう。
それなのに毅然とした対応をとっていらっしゃって、尊敬します。

ただ、ひとつ気になることがあります。
それはレシピの著作権についてです。

著作権は、著作物(作品)を作ることで発生します。
著作権法2条1項1号は、著作物を「思想又は感情を創作的に表現したものであつて、文芸、学術、美術又は音楽の範囲に属するもの」と定義しています。
そのため、「表現」が保護の対象になり、表現の奥にあるアイデア自体は保護されません。

そうしますと、「秘密の豆腐ハンバーグ」の材料、分量、調理工程など自体は、「著作物」ではないということになり、著作権の保護対象にならないということになるかと思います。


ただ、本件は、レシピを文章として「表現」したもの、そして、レシピの紹介文、写真といった「表現」をそのまま使われていたとのこと。著作権法上の問題が生じそうです。

ただ、難しい点があります。
それは、「創作的」に表現した物でなければ著作権法上の保護を受けられないという点です。

著作権法上の創作性は、他人が創作したものの模倣でないことのほか、とりうる表現の選択の幅が広い中で選ばれた表現であることや日常的・平凡・陳腐なものでないことという要件をすべて満たさなければならないと一般的にはいわれています。

ところが、レシピは、誰もが同じ料理を再現できるようにするという目的をもつため、どうしても定型的な表現になりがちです。そのため、創作性がないと判断されてしまうのです。
つまり、レシピの無断転載や無断改変に対して、著作権を主張することは、法的には難しいといわざるをえないのです。法的保護を受けるためには、特許や実用新案を出願申請した上で取得しなくてはならないといわれています。

レシピは、一般的にいえば、著作権法上保護されません。しかし、これは「料理に創作性がない」ということを意味しません。

著作権が発生するということは、一定の範囲で独占できるということでもあります。
アイデアの独占は、調理方法の利用に不自由を生じさせ、既存の調理方法をもとにしたあたらしい調理方法が創作されることを阻害するおそれがあります。
文化の発展が停滞してしまうおそれがあるので、利用とのバランスをとるために、独創的なものであったとしても、あえて保護しなかったとお考え下さい。

写真にも同様の問題があります。被写体の決定・配置、組み合わせ・選択などの点からみて、ありふれていないといえなければなりません。著作物とみとめられるものは限定されています。

このように、著作権法上「違法」とただちに言い難いのが現状です。レシピの紹介文に関しては、個性が発揮されているといえるでしょうから、著作物といえ、著作権もみとめられると思います。

もっとも、レシピの盗用自体も、一般的な不法行為として違法性を問うことはできるかもしれません。
それに、名義を示さず、レシピ名を変えて、新しいレシピのように紹介するというのは、「剽窃」です。倫理的な非難の対象になると思います。

かなさま♪

初めまして。
ご丁寧なコメントを頂きありがとうございます。

著作権の件でのご説明を読ませて頂きました。
かなさんのわかりやすい説明に感服いたします。

レシピの著作権は認められないことが多いことは実は重々承知しておりました。
記事にも書きました通り、ネット上の媒体を通し不特定多数に閲覧可能としているのは
皆様に作っていただきたいという気持ちからです。
料理と言うものは基本的には既存のレシピの模倣から少しずつ個人の味に変化しているものであるため
それほど独創性があるとは言いづらいものですよね。
工業的に生産されているものは特許と言う形を取っているものが多いと思いますが
各個人として行っている方は稀でしょう。

ネット上ではクックパッドにアップしたレシピが個人ブログなどでそのまま転載されているのを
よく見かけますが上記にも書きました通りネット上で不特定多数に閲覧可能ですので
これは致し方ないと思っておりますし、レシピを気に留めていただいたことは嬉しく思います。

少し改ざんしただけだと思われる似た様なレシピも苦笑いしてしまうことがよくありますが
これも致し方ないものだと思っております。

ただし、クックパッドを含む多くのレシピサイトで画像を含んでそのまま記載している場合は
通報と言う形を取って削除依頼を出すことが時折あります。
今回の件もこれと同様でレシピ名を若干改ざんしたのみで画像を含み文章、表現に至るまで
全くそのままだったので不正使用という形を取らせて頂いた次第です。

かなさんの仰る通りレシピ自体にはそれほどの独創性は認められないため著作権(著作物)としては
認められないと承知しております。
そのため、先方が分量、手順を概ねなぞっただけのものでレシピ写真も似たように撮影したものを
使用していた場合は私も通報と言う形は取らなかったです。
これはレシピの模倣であり不正使用には当たらないからだろうと思うからです。


かなさんのコメントはとてもわかりやすくそして納得できることばかりなのですが
一点質問があります。

写真について著作物と認められるものが限定されるとのことですが
写真の無断使用についてもなのでしょうか?
似たような写真を新たに撮影し使用しているのなら著作物として認められないのはわかります。
しかしながらレシピに使用している写真をそのまま無断使用という形を取った場合、
その写真は撮影者の著作物であるため著作権が発生すると思っていたのですがこの件に関してはいかがなのでしょうか?

他は全て納得できましたがこの一点のみ疑問に思いました。


それにしても、かなさんの知識の深さには感服いたします。
剽窃という言葉を初めて知り、まだまだ勉強不足だと言うことを痛感いたしました。
今回の件は結局のところ個人のモラルの低下から企業としてのコンプアライアンスも低下するのかな・・・と。
なんだかこの数日間は気疲ればかりだったような気がします(^^;)

丁寧なお返事をいただき、ありがとうございます。

写真の無断使用に関する質問にお答えします。

著作権法上の保護を受ける前提として、その写真が著作物といえなければなりません。
そのため、著作物でないものをそのまま無断使用しても、著作権法に反するとはいえません。

写真の多くは、被写体の決定・配置、露光の調節、構図の設定などから創作性がみとめられ、著作物といえます。
しかし、被写体をできるだけ忠実に再現することを目的として撮影された写真などですと、創作性が否定されてしまうことがあります。

美術カタログに掲載されている写真をご想像くださればわかりやすいかもしれませんが、平面的な作品を忠実に再現するには、正面から撮影する以外に選択する余地はありません。
そのため、被写体である絵の著作権は別として、写真自体は著作物といえないと判断されてしまった例があるのです。

そうすると、著作物ではない写真をそのまま無断で使用したとしても、著作権法上の主張はできないということになってしまいます。
再現性の高さを目的とするがゆえに、著作物でないとされてしまう点が、レシピと写真の共通する部分です。

もっとも、商品カタログの写真や家族のスナップ写真が、著作物として認められた例があります。
そのため、豆腐ハンバーグの形状、色彩を忠実に写したものではなく、豆腐ハンバーグの柔らかさ、ジューシーさなどを伝えるため、照明や構図を工夫したうえで、質感を表現して、豆腐が入っているとは思えないおいしさをアピールしたといえるのであれば、著作物と認められると思います。

この場合は、著作物である写真をそのまま無断で使用したのですから、撮影者の著作権を侵害しているという結論になります。侵害を回復するために削除を求めるのは、正当な主張です。

ところで、「剽窃」というのは、一般には学術領域で使われることばです。
ほかの人のアイデアを、さも自分の見解であるかのように使うことを指します。アイデアだけなので著作権法上の問題はないのですが、研究者としては許されない行為です。
他人のアイデアを紹介したい場合は、ご存知のとおり、出典を示して引用します。他人の成果物であることを示したうえであれば、何の問題もありませんから。

今回の件も、もしユミころさんのレシピとわかる表記がされていれば、また、レシピページのURLアドレスが記載されていたりすれば、やや違った印象になったのではないかと思います。
事前の連絡がなかったこと、販売促進とはいえ営利で利用されてしまったことなどもありますが…全体としての不快感は薄くなるのではないでしょうか。

そこまで考えると先方の言い分は、納得はできませんが、ある程度理解できます。
おそらく、当初は出典を示そうと考えてクックパッドに連絡したのでしょう。ところが、なかなか返事が来ない。そこで許諾を得ずに企画を実行に移すことになった。しかし、クックパッドという他社名義を勝手に使うことはためらわれ、記載しないことにした。このような経緯があったのではないかと推測します。

とはいえ、今回の「先走り」は、レシピを提供してくれる個人を軽視した行為です。しかも、レシピ名を変えて偽装をほどこすなど悪質です。
おっしゃるとおり、企業としてのコンプアライアンス上、とても見過ごせないものです。


献立に困ることの多い私は、クックパッドなどレシピサイトに日々助けられています。そのため、レシピを利用してもらいたいというお気持ちを尊く感じています。

でも、無理はなさらないでください。
レシピの公開にともなって、企業・個人を問わず、不愉快な思いをさせられることも多いのですね。今回の件を知るまで、思い至りませんでした。
お疲れを感じられているとのことで、心配です。残暑も続いていますから、どうぞご自愛ください。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://yumicoro0829.blog123.fc2.com/tb.php/389-fe9c8ecd

ユミころ

Author:ユミころ
息子の美味しいを聞きたくて、日々粉にまみれて何かしら作っています。

2010年5月より静岡市葵区の自宅にてパン教室Petit copainを始めました♪
月ごとのレッスンメニューはBlogにて発表いたします。
お気軽にレッスンにお越し下さい(*^-^*)

なお、画像の無断使用・無断転載は、固くお断りさせていただきます。


パン教室ナビ

06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

QR

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。